2005. 9. 29 阪神タイガース セントラルリーグ優勝!!  
                      < ハaハaハa での応援会の夜>

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

   
2005年9月29日、ベンチの中でドロップの缶をあけ飴をなめる、岡田監督の体が「5度」宙に舞いました。
   
   その時、2年前の優勝の時に泣きじゃくっていた 今岡選手 は子供のような笑顔、。
 
   代わりに苦節7年の 藤川球児投手 がコーチ陣の肩に顔をうずめながら、泣きじゃくっていた。

   カリスマ星野の後を引き継ぎ、そして改革。  新生「岡田野球」は何もかもがズバリ命中した。

   「内野のコンバート」   「先発は勝ち投手の権利のある5回まで。あとは J F Kの三人が抑えてくれる」
                    (だから他球団にとって、阪神に勝つためには5回までに勝っておかないといけない)
   「打順の入れ替え」   「投手は打たれても、打者は打てなくても、頑固にずっと使い続けた」(自信をつけさせるため)

   ・・・いつの試合が印象に残っていますか? の質問に、監督は「9月7日」もひとつとしてあげた。
      そう、中日有利な判定に めずらしくキレた監督が ,選手全員をベンチに引き上げさせたあのi一戦。
      ノーアウト2塁3塁のサヨナラのピンチに、今年初めてマウンドに足を踏み入れた監督が 久保田に言った言葉。
      「こんな試合、負けてもええんや。むちゃくちゃにしたれ。打たれても全部俺の責任や!」と。
      そして久保田はそのあと全てを三振で切り抜けた。 そしてその裏、豊がサヨナラホームラン! 
         ドラマを超えたドラマだった。
      そして・・・あの日から、タイガースは優勝へと押し進んでいったのだ。

         9月29日夜、地響きのように高まる歓声の中で、宿敵巨人に圧勝して、
                   神が宿る聖地 「甲子園」で優勝が決定した。

         私個人としては、今年の優勝がおととしのそれよりも嬉しいのは 「選手が主役」だからかなあと思います。
         おととしは「カリスマ星野監督に選手たちが引っ張られて」っていう感じが強かったのが、
         今年は、一戦一戦選手たちが自らの力で成長して、選手一人一人がそれぞれの輝き方で輝き、
         ”選手たち全員が主役” だったような気がします。 選手それぞれの個性がきちんと現れてきたし、
         いいところ、どんどん伸ばしていった。
         地味な岡田監督(あまり感情を爆発させない)も、選手たちも、みんなが主人公になった一年でした。


  <ハaハaハにて;  大応援会の熱い夜>

港の素敵なカフェ、ハaハaハaのお二人は大の阪神ファン。  だいぶ前に「応援会を29日にするので来ませんか?」と

誘われて「もう優勝決まってるかもしれませんね〜」などと話していたのに・・・まさにその日が優勝決定戦になるとは!

マサカ・・マサカ・・ラッキー! 呼ばれた人はみんなそう思ったことだろう。いやがおうにも盛り上がる。

葉子ちゃんもママ手作りのユニフォームで臨戦態勢。

美味しい ワンプレートディナー(オムソバ、からあげ、ポテトサラダ) に、 飲み物。お二人で握ったおいしいおにぎり。

メガホンたたいて声援を送る。前半で3対0。 もう優勝は間違いない! ずっと心臓がバクバクしていた・
もうすぐや・・もうすぐほんまに胴上げが目の前でされるんや・・・。

ウィニングボールを金本が笑顔でとる。  優勝の瞬間、みんなが立ち上がって雄たけび!
 「よっしゃあああああ」 「ヤッターーーー」 「オメデトウー!」
どうしよ・・涙出てきた。 藤川が泣いている。あかん・・・ヤバイ。 でももう誰も何も気にしていない。いいや泣いちゃえ。
        + + + + + ;   + + + + +   + + + + +  + + + + +  + + + + +

少し落ち着いた頃、店内は「祝勝会」へと移行。  ハaハaハa特製の「トラッキーのケーキ!」
めでたいことなので、ケーキ入刀もちゃんと行う。

これで終りかと思ったら・・まだあった。  ほんとに嬉しい。
オムソバに立ててあった爪楊枝の旗をめくると・・・背番号と選手の名前が。
それに応じて、全員にハaハaハaさんから 「優勝記念品」 が配られる。 手作りの阪神グッズ。
 
おととしは京都の鞍馬の山中で一人しみじみと優勝を味わった。  それはそれでいいけど、やっぱりちょっと寂しかった。
今回は、地元の人や近所の会社の人も集まって、みんなで騒いだ4時間。 やっぱりめっちゃ楽しい!

そうして、ハaハaハaさんありがとう。 心のこもった「応援会」を企画してくれて、ほんとうにありがとう。
感謝の気持ちと、優勝の喜びで胸がいっぱいのまま、 帰宅しました。
 
そうして・・・・チャンネル変えて、あらゆるニュースを見まくり、・・・・とうとう、朝の5時まで特番を見続けた。(途中何度か気を失う)
       ++++++++     +++++++++    +++++++++    ++++++++++

一夜明けた今朝。祭りのあと。  全スポーツ紙が入った「優勝記念袋」(640円)を売店で買う。
サラリーマンだけでない。若いきれいな女性たちも売店に群がっている。 電車の中の話題は優勝のことばかり。
みんな心なしか、めっちゃ眠たそう。 かくゆう私も目がほとんど開かない。
大阪市の水道使用量が試合中、激減。 みんなトイレもお風呂も料理も洗いものも洗濯も 
胴上げまではストップしていたのだろう。   さすがは関西。

忘れられません。 2005年9月29日。 
        + + + + + + + + + +  

「野球でそんなに盛り上がれることが信じられません」・・・・そう言われる。でもね。
こんなことで 「幸せの絶頂気分」 「天にも昇る気持ち」 「頭真っ白」 「もう何もかも忘れる瞬間」 「喜びの頂点」
・・・・・こんな気持ちを味わえること、それだけでも本当に幸せ者だ。  単純バカで良かった! 阪神ファンで良かった!

「ダメ虎」が長かった阪神。 昭和40年から平成14年まで 1回しか優勝していないタイガース。
高校野球のPL学園よりも弱いチーム・・と言われ続けた。
「岡田・掛布・バースの三連続ホームラン」をするめのようにしゃぶりながら応援し続けた人たち。
「タイガースを、いっそ嫌いになれたら、 興味がなくなったら、 どれだけ自分の人生が幸せか」
・・・そうポツリと言った友人を知っている。
どんなに負け続け、最下位を這いつくばっていても、 ファンは 虎を、甲子園を 見守り続けた。まるで子供のように。
しゃあないなあ・・・・そうつぶやきながら、諦め、天を仰ぎ、「またええ時代がいつか来るやろ」・・そんな年月。
             + +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +
  
今日の胴上げは、おととしよりも嬉しい。  強くなったタイガースに拍手。 やったら出来るやん。 それでええんや。
さあ、あとは日本一。 忘れ物を拾いあげて、空へ高々と掲げよう!
                                                9月30日 一夜あけて  by  mooaloha


            
        
       

+ + +  番外編 + + +

   岡田監督は、1985年の日本一になったとき、「選手会長」 でした。
   日本一になっての 当時のインタビューです。  岡田さんってこんなに大阪弁だったのか・・。

       ***************************************************

   「
とうとう日本一になってしもた。ほんまやったら、”やったァ!どや、見たか!”と叫ばなあかんのやけど、
    なんでか、気持ちがさめてる。

   こんなこと書いたら、きっとファンにぜいたくいうなって、怒られるやろなあ。
   けど、これがボクの正直な気持ち。いや、みんなそう思てるんとちゃうかな。

   あれは、日本シリーズの第一戦に勝ったときやった。宿舎で夕飯を食べてるとき、
   誰かが”西武ってかわいそうなチームやな”というた。その瞬間、なんとなくその場がシーンとしてしもた。

   それは、口には誰も出せへんかったけど、みんなが感じたことやったんや。

   なんで西武は、あんなに苦しそうに野球やってんやろ。自分の意思で選んだ道やったら
   もっとのびのびと楽しくやればええのに。小さく見えるなあ。

   ちょっとえらそうなことをいうけど、ボクはプロ野球ちゅうのは、勝てばええ、強ければそれでええでは 
   あかんと思う。ボクが小さい頃、プロ野球選手にあこがれたように、プロは夢をみんなに与えなあかんと思うんや。

   西武にはそれがあれへん。いや、そうさせてもらわれへんチームなんや。 
   そう思たら、なんとなく勝ってもうれしくないし、寂しい気持ちになって・・・。
   来年こそはほんまの西武と日本一を賭けてやりたい。いまの正直な気持ち。

   けど、まあ、ようウチが日本一になったで。これは胸を張れる。
   ここ数年、野球界は”おたふく飴”みたいに、どこのチームも投手、投手と同じ顔になりかけていた。
   そんな中で、ウチが勝ったいうのは、こりゃあ、すごいで。まさに革命的出来事か。

   負けるときにはボロボロやけど、勝つときは信じられんゲームでも勝つ。
   見てる方もおもしろかったやろけど、やってる方はもっとおもしろい。

   ウソやと思う人はぜひ阪神へ入団して下さい。そのかわり、滅茶滅茶練習せなあかんで。
   苦なければ栄光なしや。

   さあ、あとは契約更新かあ。楽しみやなあ。こうなったら日本一の勢いで猛打爆発、全員一丸、
   全力を尽くして挑戦や!」                          <おわり>



         ++監督、2005年の日本一、今度は指揮官として頼んまっせ!  moo ++

       ************************************************************************