*マッサージの効果* 〜滋養と愛と信頼と〜
 
      

 

 

★マッサージは手とカラダの接触。気と気の接触。

特に裸体に直接触れるマッサージは気の接触が大きい。
「マザーズタッチ」、「
Loving Touch」が一番重要。

「手当て」。 
身体に触れる・・それだけで脳は察知し、変化を起こそうとする。

「触れられること」は生きている動物にとってひとつの良い刺激になる。

★マッサージの解剖生理学的な説明
『痛みや機能障害といった具体的な身体症状を改善するために、
軟部組織に手技治療を行うこと』

『人体は有機的全体である。(部分の寄せ集めではなく、
すべてのものがつながっている)』

 

★<筋肉組織・筋肉繊維を柔軟にする>

*凝り固まった筋肉は自身のストレッチだけではなかなか改善しない。

自身は全身脱力をした上で
深い圧をかけられると容易に解ける(リリース)。
他人の手によるとより筋膜もリリースできる。

*「運動効果」がある。
マッサージは筋肉をくまなく動かし血行を良くして「運動効果」を体に与える。
よって、デスクワークや半身不随、麻痺などで運動する機会がない場合に大きな効果。

*骨をつなぐ関節を柔らかくし、「可動域」を拡げる。
 

◎筋肉をマッサージするということは筋膜を施術すること!

『筋膜』・・体全体を全て途切れることなく覆っている膜。
骨を覆っているのは骨膜、腹部の膜は腹膜、
皮膚の下にあって全身を包み筋肉群を包んでいるのが筋膜。

筋膜の主な役割は3つ。
「形を与え定位置に保つ」
「包んで区分する」(筋膜は体液を包み感染の拡がりを抑える)
「新しい結合組織を産生する」

施術者は施術によって硬くなった筋膜をリリースし、
筋膜同士の癒着をはがす。
(まるでよじれたパンストをなおすよう)


◎皮膚のすぐ下に浅筋膜
(脂肪細胞<体中脂肪のおよそ半分がココに>や
血管や神経を含む)その下に筋肉がある。

*****************

★<血行促進>
マッサージは血管を拡張させる。
これにより細胞に運ばれる新鮮な酸素や栄養素の供給量が増加し、
体の修復が行われ、かつ体内から老廃物が除去されやすくなる。

静脈(リンパの最終段階)を心臓へと送り戻すことを促進し、
体内の毒素を取り除くのに有効。

マッサージの効果として大きいのは末端血管の巡りを良くすること。
(しもやけや冷え性など)

 

*********************

★<神経>
マッサージは神経系に刺激、あるいは鎮静効果をもたらします。

交感神経と副交感神経のバランスを整え、
自律神経失調症に効果を表す。

神経学上の悪いパターンを「再プログラム」し、
痛みや感情的なよろい、損なわれた感覚を緩和する。


器官や筋肉への運動神経機能を改善し、
それによって機能面でのキャパを大きくする。

*マッサージ中におなかが鳴るのは、血行が促進され
神経伝達が良くなったことにより内臓が動くため。
<マッサージ中におなかが鳴ることを「お腹が笑う」と言う>

********************

★<ポータル>

老廃物のステーション“リンパ節”が集まっているのが腹部。
ここをマッサージしないとリンパを流すことにはならない。

腹部へのマッサージは、消化や排泄経路を助ける。
妊娠時に腹部の流れの助けになったり、いくつかの器官を適切な位置に回復させたりします。


 生理中のマッサージは「排泄と浄化」を促進するため効果的。

**********************

★<脂肪>
深い圧のマッサージにより、脂肪カプセルを破壊させ、
血流中への脂肪の再吸収を促す。 

定期的なマッサージは代謝を良くし(立証)、
脂肪が燃えやすい、太りにくい身体を作ることにも役立つ。


************************

★<気づき>
マッサージが施されている部分への気づき・・・
“気づき”それ自体がヒーリングをもたらす。


マッサージは、滋養信頼を与える方法。

日常生活の中で積もった緊張を解きほぐし、
慢性的な肉体の緊張をも解放することで、
患者の生命エネルギーを大きくする。
他人の手によって「体と心の底上げ」を起こす。


*************************

★<オイルによるマッサージの効果>
手のすべりを良くするだけではなく、
肌の分子よりももっと小さなオイル分子で、血管内に入り込み、
老廃物を流しやすくします。

オイル自身に含まれる「抗酸化物質(体内のサビを除く)」や
「抗アレルギー物質」が、肌から吸収され、体内を巡ります。


按摩などのように服の上からグイグイ揉まれるのも心地いいが、
女性は特にオイルの心地よさに対しては敏感。
女性ホルモンに関係するとも言われている。

歴史的にも太古の昔より世界各地で治療やリラクゼーションで
カラダにオイルを塗ってマッサージをしてきた。
(クレオパトラや楊貴妃など)。
「マッサージ」が歴史上に最初に登場したのは、ギリシャ時代。

オイルとカラダは人間の歴史の中で密接なつながりがある。


*************************

★<マッサージを受けてはいけない場合>
@要注意・・・関節病理学 / 腫瘍 / 打ち身 / 急性の捻挫 / 
       傷・腫れ・炎症 
/ ヘルペス・帯状疱疹 / 骨粗しょう症 
       
妊娠 / 術後 / 浮腫 / 糖尿病 

A絶対禁止!・・・伝染病 / 熱 / 酔い / 重い循環器系障害 / 骨折・脱臼  

*癌(内科医の承認が必要。免疫が向上するので効果的との意見も昨今はある)



 マッサージは「ある人の手」と「ある人のカラダ」のディスカッション。

そこには愛と思いやりが存在する。

 素晴らしいひととき。 日常から離れたひととき。 

 自分へのごほうび。 特別な時間。



 
  


**ロミロミについて**

  

ロミロミは個人の身体、心、魂のマナ(生命力)に働きかける、古代ハワイの概念です。

ロミロミは、医者の無かった時代に全ての不調を改善してきました。

ロミロミは「右脳の芸術」とも言われます。 
施術者の直観力でどんどん施術してゆくからです。

横たわるその人を愛し、身体を愛し、大きな「いとおしさ」をもって施術してゆくのがロミロミです。

ロミロミは施術者と患者の「信頼関係」が成り立たなければいけません。 
信頼できるかどうかが素晴らしい施術の可能・不可能を決めます。

ロミロミは必ず「プレ(祈り)」で始めます。
プレは、施術者を施術に集中させ、施術者の直観力を呼び覚ませます。 

******************


<<ロミロミの技術>>

ロミロミに共通している技術は
「患者が我慢できる限度まで、深い圧を働きかけ、
患部に侵入することなく、望ましい結果を達成すること」です。
そして効果が長く続くのが特徴です。


独特な技術・・・あらゆるマッサージの中でも、身体の不調の改善が顕著だということで、
アメリカでは「保険診療」が認められ、整形外科や心身症、内科などの補助的治療として、
病院から紹介状を持って施術を受けることができます。
 
ロミロミが、いつか日本でも「保険診療」が出来るようになればいいのにと心から思います。 
そのためには「確かな知識と確実な技術を持つ施術者が増えること」です。

ロミロミの深い圧は、大きな人や男性やスポーツ選手などが受けるのにいいマッサージです。 
また子供や赤ちゃん、動物にも有効です。

  〜〜〜「ハワイのスピリチュアルマッサージ ロミロミ」 より〜〜〜