聖地 ・ 甲子園へ 
「甲子園歴史館&スタジアムツアー」


 場所; 甲子園球場 レフト外野18号門横
 入場料; 歴史館 大人500円 こども(4歳〜中学生)300円 
 開館; 10:00 〜 18:00
 休館; 月曜日(祝日と試合開催日はのぞく) 年末年始


 大正13年、甲子(きのえね)の年に高校野球大会の開催を目的に設立。
 以来、高校野球の聖地として、また阪神タイガースの本拠地として、幾多の名勝負が繰り広げられ、
 多くのヒーローが生まれてきました。
 数々のドラマや歴史を後世に伝え、日本の野球文化の振興と野球ファンの裾野拡大に貢献していくことを目的。


 (ビデオは×ですが、写真はいくら撮ってもOKです。)ざぁーっとのせます。

   入り口







  
  なつかしい・・・手書きの選手名板。






  
なんと特別な階段を昇ってバックスクリーン前に行けます!(17時まで)






 野球アニメが一同に! もちろん「タッチ」も!
 

       阪神らしくない花形・・・
 水原勇気に憧れていた。一番好きな野球漫画。







   










   








   
 映像には早稲田・斉藤君が写っている。


  高校野球ファン、 阪神ファンにはもうたまらない博物館でしょう。
  見どころたくさん! 500円は安すぎます。 終りかけに行ったのにたくさんの人でした。
  
  

   (余談)このあと、試合は中日との延長戦。総力戦の末に結局引分。試合終了時刻11:25.。疲れました・・・。 2010. 9. 9


 <甲子園スタジアムツアー>  2010.9.23

  
1500円払えば、スタジアムツアーに連れて行ってもらえます!(歴史館入場料含む)
    *まずは予約を!  
甲子園歴史館HP → 
     
        

  「S1」「S2」「S3」の3コースがあり、それぞれ違う場所を案内してくれるので3コース全て行きたいなあ・・
  今回は「S3コース」に行きました。
    (3塁ブルペン − インタビュー通路 − 記者席 − 貴賓室)

  貴賓室など、写真撮影禁止のところもあります。


  ますは16号門に集合。 このホルダーをもらって首からぶら下げます。
    (ツアー終了後もらえます。 ビニールの中には携帯も入れられる。)
                     ↓
      おもて     うら



  今回のツアーは16人。親子連れの中で大人だけなのは若いカップルと私らおばちゃん姉妹だけ。
  みんなウキウキワクワクしているのがわかる(笑)。 元気なツアーコンダクターの先導で出発!

+++++++++++++++++++++++++++++++++


   球場整備車や雨のときに出てくるシートが並んでいる通路を通って3塁ブルペンへ。
   意外に広い!
   ここでチェンや内海や前健や三浦が投げていたのか・・・と思うと複雑な気持ち。

   キャッチャーだったのでホームに座らせてもらう。 大はしゃぎ。 
  


  スイッチヒッター転向を努力したが、結局左打席はバントのみだったなあと思い出す・・・。
 


   
      ベンチとつながっている内線電話。


  
 



  他に高校球児が試合後引き上げてくる通路の坂道や、インタビューを受ける廊下も!



       記者席より。
      
                                グランドでは「星陵対箕島の再試合が行われている。観客千人!


  ツアー、みんながはしゃしでいて、とっても楽しかった! あっという間に終わりました。 
  今度はS1コースや、S2コースに参加したい。 甲子園ってやっぱりすごいなあ・・と実感。


 <11/2> 人気の”S1コース”に参加してきました。
  
   「3塁ブルペン」 → 「3塁ロッカールーム」 → 「3塁ベンチ」 → 「グランド(人工芝部分のみ)」



    高島屋製作。
  阪神なんば線の切符 55,040枚(甲子園球場の座席数)で作られた巨大レリーフ。




    元は日本初の温水プールだった3塁ブルペン




       
    
3塁ロッカールーム。 この横の浴室を利用するのは着替えて自分の車で帰るオリックスの選手のみ。




    
キャ〜! 3塁ベンチ!! TVで見るより広くて低い。




      




       
     
蹴られてボコボコになるゴミ箱            ネクストバッターズサークル



  
      
                              
昔からベンチに座ると腕組みしてしまうクセが。

          

    
メンバー表ホワイトボード              ベンチ前より


 ここで数々のドラマが生まれた。 たくさんの涙が流された。
 ここに来るとワクワクする。 やっぱり聖地は素晴らしい。

  『甲子園球場よ、高校球児の聖地よ、永遠なれ』


    ■甲子園歴史館HP →  

    ■甲子園スタジアムツアー →